注目ニュースの詳細とまとめ、みんなの反応を紹介

バズトレナビ

TV バラエティー

半身浴ダイエット効果がない!?林修の今でしょ!講座に学ぶ入浴の仕方

投稿日:

2019/3/12の「林修の今でしょ!講座」では「春に知るべき!医学的に正しい入浴 睡眠 食事法 3時間SP」が放送されました。

こちらの記事では、番組中に紹介された「入浴」についてまとめています。

 

今回「お風呂の正しい入り方」を紹介してくれたのは国際医療福祉大学病院 内科 予防医学センター教授の「一石英一郎」先生

入浴と健康増進を研究し数々の書籍も出版さらに温泉し、温泉入浴指導員の資格を持つスーパーお風呂ドクターです。

 

 

お風呂には心臓病動脈や硬化認知症を防ぐ驚きのパワーが、

しかし正しい入り方をしないとせっかくの健康パワーが台無しになってしまうそうです。

 

 

入浴で要介護リスクが減少?!

千葉大学の研究所が、要介護認定を受けていない高齢者の男女13786人を対象にお風呂の習慣と要介護のリスクを調査した結果「毎日週7回以上お風呂に入る人」は「週2回以下お風呂に入る人」に比べて、要介護認定をさせるリスクが冬に29%も減ったという実験結果が出ました(夏においては28%)

これはシャワーでも効果は得られる?湯船にしっかり浸かるのが重要

お風呂は湯船にしっかり浸かることで健康長寿を目指せる。

 

長湯はリスク?!血管を丈夫にする入浴方法とは

お風呂は正しい入り方をすることで初めて健康効果が得られます。

みなさんは大体何度くらいのお風呂に入っているでしょうか?

 

一石先生によると、血管を丈夫にしてくれるお湯の温度は40°が最適とのこと。

このぬるめとも思える温度こそが、血管を丈夫にする入浴方法です。

 

丈夫な血管を作るには40度というぬるい温度が最適です。

40°のお湯は血管を丈夫にする「t-pa」といった成分を増やしてくれる効果があります。

「t-pa」とは?

t-paとは血管内にできた血栓を溶かす成分です。

血栓は動脈硬化や心筋梗塞の要因になる血の塊。

そして t PA は医療の現場でも用いられる薬であり、もし心筋梗塞や脳梗塞になってしまっても、迅速にこの TPA を投与すれば血栓を溶かし劇的に回復させることが出来ます。

 

この t PA 。もともと体にあるものですが年齢とともに減少してしまいます。

年齢を重ねるごとに動脈鋼がになる確率が増えるのは t PA減少しててしまうのも要因の一つと言われています。

お風呂と t PA の関係とは

t PAはおよそ40°のお風呂に浸かることで増加していくという結果が出ています。

というのもt PA は、体温が37°から39°の高温状態にあるときに活性化し増加すると言われています。

 

体温をこの高温状態まで引き上げ、それを長時間キープしてくれるのが40°というお風呂の温度になるわけです。

 

ちなみに風邪などの感染症で体温が上がっている時は、体の防御反応で t PAの働きが抑制されているため、あまり効果は見込めません。

 

熱いお風呂はメリットがない?!

医学的には熱いお風呂に入っても体にいいことはほとんどありません。

42°以上のお風呂に入ると動脈硬化を防ぐ効果を起こすどころか、血管を痛めてしまう可能性があります。

 

熱いお風呂は体が刺激されて防御反応を取るため、血管が詰まりやすくなってしまうといったリスクがあります。

さらに脈が早まる、血圧が上がってしまう、そして汗をたくさんかくことによって筋肉が硬直した状態が入浴後長時間続いてしまいます。

 

さらに42°のお風呂は熱に対する反応で TPA の働きが逆に抑制されてしまうという危険もあるのです。

そのため医学的には熱いお風呂のメリットはほとんどないといわれています。

 

それでも熱いお風呂に入りたい!という場合は、ぬるめのお湯から徐々に温度を上げていくことで血管の負担を軽減できます。

ただしその場合でも42°までの温度でとどめておくことが重要です。

 

10分以上の入浴はメリットがない!?

長時間の入浴は、血管に関しては良い効果がありません。

それどころか10分以上の入浴は「動脈硬化」のリスクが上昇してしまうといったデメリットがあります。

 

その原因は脱水症状入浴中にかく大量の汗。

41°のお湯に15分浸かると約800 CM の水分が失われると言われています。

 

体内の水分が減少すると血栓ができやすくなり動脈硬化のリスクが上がってしまうのです。

脱水症状が心配な方は、入浴前にコップ一杯の水を飲むのが大事です。

入浴中に喉が渇いてからでは遅いため、事前に飲むことを心がけましょう。

 

長時間のお風呂は肌に悪い!?

また長時間のお風呂は、血管や心臓だけではなく肌にも悪影響を与えます。

 

長時間の入浴は肌がふやけてしまいます。

長時間お湯に浸かることで。必要以上に角質が剥がれてしまったり皮脂やセラミドと入った保湿成分が肌から流れ出てしまうのです。

肌から保湿成分が流れ出てしまうことで「乾燥肌」の原因になりやすく、潤いのある素肌が失われてしまう可能性があります。

 

半身浴にダイエット効果がない!?

ダイエットとして長時間の半身浴を行っている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし半身浴にダイエット効果は期待できません。

というのも約10分間の半身浴の消費カロリーは1.6キロカロリー、それに対し全身浴の消費カロリーは2.8キロカロリーと、そもそも半身浴の消費カロリーは少ないのですね。

 

SNSやネットの記事では、実際に半身浴で体重が減っているという方も見かけます。

しかしこれは残念ながら汗として水分が出ただけです。

しかもこの状態はただ単に脱水になっただけなので、非常に危険な状態の可能性があります。

 

そもそも半身浴とは心臓や肺に負担をかけすぎないための入浴方法です。

そのため、健康な人がやるメリットはほぼありません。

ショック受ける方も多いかもしれませんがこれを知り、別の方法でのダイエットがおすすめです。

 

血管を丈夫にしてくれる入浴剤 炭酸系の入浴剤・塩風呂

炭酸ガス(二酸化炭素)が、表面から直接皮下に浸透し、毛細血管を広げ血行促進してくれる効果があります。

二酸化炭素はそもそも私たちの体にとっては老廃物です。

体は二酸化炭素が来ると老廃物が来たと勘違いをし、体がデトックスモードになってくれます。

これにより毛細血管が広がり、身体に巡る老廃物を逆に外に出しやすくしてくれる効果があります。

 

塩風呂

こちらはむくみの軽減や冷え性予防に効果があります。

入浴による血行促進で脳への血流も良くな、腎機能の低下を防ぐ効果が期待できます。

-TV, バラエティー
-,

Copyright© バズトレナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.